たなみの戯言

遊戯王と餃子について書いていこうかと

スポンサーサイト

Posted by たなみ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新制限後の環境について(9月~10月)

Posted by たなみ on   0 comments   0 trackback

海外のカードが来ると一気に環境が変動するので、海外が来るまでの9~10月について考察してみたいと思います。まず、それにあたり情報整理をしていきたいと思います。

3~9月までに流行ったデッキ

 ・甲虫装機(インゼクター)
 ・代償マシンガジェ
 ・聖刻、聖刻リチュア
 ・HEROビート、アライブHERO
 ・カオスドラゴン
 ・ゼンマイ
 ・ヴェルズラギア
 ・ラヴァル
 ・その他(六武、暗黒界、墓守、スキドレギアバレー、水精鱗、カラクリ、ギアギア)

今回の新禁止・制限カード

 禁止 ・氷結界の竜ブリューナク
     ・未来融合-フューチャー・フュージョン‐


 制限 ・甲虫装機 ダンセル
     ・甲虫装機 ホーネット
     ・イビリチュア・ガストクラーケン
     ・カオス・ソーサラー
     ・スポーア
     ・発条空母ゼンマイティ
     ・月読命
     ・レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
     ・血の代償


準制限 ・神秘の代行者アース
     ・デブリ・ドラゴン
     ・BF-月影のカルート 
     ・レスキューラビット
     ・E-エマージェンシーコール
     ・強欲で謙虚な壺
     ・召集の聖刻印
     ・ヒーローアライブ
     ・名推理
     ・聖なる‐バリアミラーフォース‐
     ・魔界発現世行きデスガイド


解除 ・ネクロ・ガードナー
    ・マシュマロン
    ・緊急テレポート
    ・デステニー・ドロー
    ・光の御封剣
    ・レベル制限B地区
    ・魔法の筒


この改正による考察

  ・流行であった昆虫装機、聖刻(リチュア)、カオス・ドラゴン、ゼンマイの衰退

  ・環境を創っていた「甲虫装機 ホーネット」の消失による抑圧されていたカードの復活、かつ制限・禁止の緩和
    ⇒攻撃誘発罠、永続魔法、フィールド魔法、リバース効果、リクルーターの復活
    ⇒ミラフォ、魔法の筒、光の御封剣、月読命、マシュマロンの緩和

  ・1ターンキルに用いられる(ことの多い)カードの減少、または禁止
    ⇒未来融合、ダンセル、レダメ、血の代償...など

  ・「昆虫装機」消失によるビート環境の再来?(今は1キル環境と思っている)

  ・エフェクト・ヴェーラーの採用率の低下
    ⇒先行での展開力(ゼンマイ、聖刻リチュア、ダンセル)を阻害する必要性の低下による
        ヴェーラーの優位性の低下
    ⇒また、ビート環境になった場合、ヴェーラー耐性の強い「HERO」「六武」「暗黒界」が活躍しやすくなり、ヴェーラーが必ずしも手札にある必要性がなく、効果があまり見込めないと思われる

  ・除外カードの流行?
    ⇒「暗黒界の龍神グラファ」「マシンナーズ・フォートレス」、HEROデッキに対して有効
    ⇒主に「次元幽閉」「奈落の落とし穴」「マクロコスモス」「DDクロウ」「異次元の女戦士」「因果切断」かな

  ・「スターライト・ロード」の採用率の向上?
    ⇒「ミラーフォース」緩和による発動率の向上
    ⇒「エフェクト・ヴェーラー」を抜いて「大嵐」に備えるほうがいい・・のかなー。ここはよくわからない

  ・「スノーマン・イーター」、「ライトロード・ライコウ」のメイン採用が増える。主にライコウ
     ⇒「ホーネット」ないからメインから使いやすくなった
     ⇒主にライコウが「マクロコスモス」が怖いデッキで大活躍、タイミングを逃すカード群はびびる


流行ると思われるデッキ系統

 上記の考察を踏まえビート環境になると筆者は考えているので、その考えによる予想です。

「暗黒界」 … ビート環境だと強い(主にグラファが)。10月に強化されるのが約束されている。魔・闇、のウイルスはいずれも強い。

「マシン代償ガジェ」…別に「血の代償」引かなくても強いデッキだからね。「マシンナーズ・フォートレス」の強さが際立つはず。「歯車街」を使ったマシンデッキも強そう

「六武衆」…「ホーネット」いないから相対的に紫炎、ナチュビが強くなった。次元も効果が(他のデッキに比べて)薄いし、対策が難しいところ。故に強い

「BF」…旋風型なのか墓地型なのかはわからないけど、ビート環境強い。カルート緩和。シュラ効果→ヴァーユでシンクロの流れができたのは強い。ダマスカスと(主に)カルートの存在による見えない威圧があるのも魅力。スタロが採用しやすいデッキが増えて、「ゴッドバードアタック」が腐るイメージがある・・・

「アライブHERO」…アライブ型はそんなに影響を受けてないイメージ。

「次元(ラビット)」…「マクロコスモス」発動。相手は死ぬ(主に暗黒界、HERO、墓地BFが)。うさぎもカーDもヴェーラーされなくなったし、活躍できるのでは?ドルカくればリバースモンスターも怖くないしね

「ギアギア」…「ギアギアアーマー」さんの出番がやってきました。登場した時点で蟲環境というかわいそうな子。「ジェネクス・バードマン」と「ギアギアアーマー」で1キルのパターンを作れるらしいし。

「(チェーン)バーン」…サイドで対策されなきゃ強い。対策されていない9月初頭は一瞬活躍できる…はず。前の環境は「ショック・ルーラー」と「甲虫装機ホーネット」の存在で使いづらかったカードが多すぎて活躍しずらかった。(デス・コアラ、メタモルポッド、マシュマロン、魔法の筒の復活)
     
「ヴェルズ・サンダーバード」がこのデッキにフリーチェーンとパキケ対策を与えてくれた
「ラヴァ・ゴーレム」が展開阻害と魔法の筒との連携を
「魔法の筒」はかつて混乱を
ほっほっ……のちに防御ととっておきの飛び道具を
「カードカーD」は爆発力と勝利への意志を
「連鎖爆撃」と「積み上げる幸福」がずっと支えてきた土台の上に
これだけのものが加わった
それが湘北だ

水精鱗・・・動きを見せてもらったので、ようやく理解。メガロアビス強い。「マクロコスモス」で対策積めばいいのかな・・・

その他(よく知らないので考察できないデッキ)
 ・「アンデ」…おもしろいそうです。ブリュいなくなったけど大丈夫?
 ・「剣闘獣」…対戦したこともないので、ほんとにわからない。強いらしい
 ・「インフェルニティ」…なんか改正でつらくなったと聞いたが...
 
従来の構成では活躍が難しそうなデッキ
 ・「墓守」…ネクロバレーは刺さるのでしょうか。偵察者の出番はやってきましたね
 ・「TG代行天使」…やったね、アースが増えたよ。
           TGはかわらず、「ガチガチガンテツ」はコーン号ェ…、剛健減少…
         ⇒ダイガスタフェニクスを主軸にすればなんとかなったりしませんかね(団結とか…)

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tanamiblog1.blog.fc2.com/tb.php/14-cbf79d6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。